新規就農者独立支援機構 夢現塾
設立目的
農業の現状
日本の農業は農産物流通の国際化、規制緩和の進展により、厳しい経営が余儀なくされています。このような農業の先行きの不透明な中で、北海道の農業は日本の食料基地としての重要性が増しており、担い手の確保が緊急の課題となっています。

夢現塾設立
このような状況の中、北海道農業の改革を担うという夢を持った農業経営者を育成する事を目標として、2005年8月、新規就農者独立支援機構 夢現塾は設立されました。
夢現塾は北海道農業の活性化にやりがいを感じ、農業経営者として独立を希望する方のための支援機構です。

運営・後援・協力→